Air10sで旧型のストロボが光るのか

カメラのボディのメーカーを変えると同時にストロボ用のコマンダーを変更した事で
今まで使っていたものがちゃんと光るのか疑心暗鬼だったのがちゃんと解決しました

以前はニコンのカメラにニコン用のAir1、Di700A、AirR、Di866mk2の組み合わせでしたが
ここに新しくソニー用のAir10s、i60Aが加わりました
Air10sからの制御でi60AとDi700Aが動くのはちゃんと把握出来ていたのですが
問題は「ニコン用のAirRとDi866mk2が制御できるか」です

結果として制御は可能です
ただ、マニュアルのみ・HSS無しです
普段TTLは使わない身としては問題なく光量と安定感で気に入っているDi866mk2がまだまだ使えるので良かった良かった

50mm f1.8撮り比べ

α7ⅢにFマウント用のアダプターを使って50mm f1.8のレンズを撮り比べてみました
かたやニコン、かたやソニー「撒き餌」と呼ばれるレンズに若干違いがありました

SONY FE 50mm F1.8

AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G

上がソニー、下がニコン
”描写力”に違いはありませんがニコンのレンズが逆光に弱い事がわかりました。
同じ場所から同じ設定でどちらともフードを付けているけどアダプターのぶんコントラストが落ちているような手応えでした
実際はわかりませんしどちらが好きかと言われるとニコンのレンズのほうが好きですね
AFの速さもニコンにほうが圧倒的に早いです

普段は使わない50mmのレンズですが、いざとなったらどちらを選ぶかは非常に悩みそう

α7Ⅲでニッコールレンズを使う

マウントをガラリと買えても問題はレンズ
お気に入りのFマウントレンズを使うためにマウントアダプターに手を出しました

選んだのはCommliteのレンズマウントアダプター
http://amzn.asia/d/9YaioPe

電子接点付きでAFもちゃんと効きます
少し遠くのものを撮るとピントをつかみきれなくて迷う事があるので注意が必要ですが、通常に使用するなら問題ないです

問題なのはこのアダプターでMFレンズを使う時で
AFが効くならMFもいけるだろうと思って買ってはみたけど古いタイプのレンズだとなんと絞りが変えられないです
要するに絞り環のあるDタイプ以前のレンズは開放のみしか使えないのです

このあたりは絞り環のあるアダプターで回避できそうだけどちょっと腑に落ちない感じもします