F-801

たまに思い出したかのように使うフィルムカメラに新しい仲間が加わりました
往年の名機Nikon F-801

中古なので状態に不安があったが、バッテリーケースがちょっと錆びてる程度外も中も傷なしでほぼ新品
最高です

写りは、本当に中古で野ざらしになってたカメラなのかと疑うくらいに綺麗
ニコンのオールドレンズとの相性も良く、MFにもフォーカスエイド対応していてとても最高
SSが1/8000まであるので昼間でも躊躇なく開放で撮影できるので最高


操作系はD800系に受け継がれたものだったり、巻き戻しのやり方がフォーマットのやり方と同じでちょっと感激したりしたけど問題はその重量
なにがそこまで重くしているのかは謎だけどかなり重い
さらに分厚い

昨今のデジカメはグリップの持ちやすさがとても優れているけど、そんなのお構いなしで作られたのかそんな時代なのが握り込むことがでない
ちょっと持ち歩いて撮るようなカメラじゃなさそう


Nikon F-801
Ai nikkor 28mm f2.8
Lomography ISO100

ニコンのミラーレス発表の日にソニーへ鞍替えした男の話し

一眼レフカメラを使い続ければ続けるほどボディのメーカーを変えるのは一大事業で
レンズとかストロボとかいっぺんに替えないといけないのが世の常でしたが
フルサイズのミラーレスが登場してから鞍替えは実はそう大変なものじゃないんじゃないか?という風潮があります

長年使用してるD800Eはバッファーが不調だとか、ライブビュー撮影が不調だったりボディの限界を迎えそうで
これを機にシステムをすべてソニーに置き換えようと決心しました

RⅢかⅢかしばらく悩んでみた結果、高画素機のファイルサイズに目が回ってるのと、その価格差でレンズが一本買える事を踏まえα7Ⅲにしました
届いて数日、まだ本格的な撮影はしてないけどかなり細かく設定が変更できるので今まで不満だった事が解決していってます
ボタンもすべてカスタム出来るのでそのへんのお話しはまだ今度