感情の終着点

写真を撮られるの苦手なので撮る人から”撮ります感”を出されるのがとても嫌だ
よく聞く話しで、
「成人式の前撮りで表情がこわばっていて今はもう見直さない。」
そんなもったいない事が多々起きている。
もしこわばった表情をしていても思い出として残っているなら見返す事もあると思うが、そこに残る思い出は”つまらなかったな”じゃないだろうか。
つまらない思い出は多分振り返りたくない。

自分自身も中学の卒業アルバムが嫌いでその嫌いな理由が「顔写真を撮影したカメラマンが嫌いだったから。」だ。
“笑顔”を引き出したい思いが先行しすぎて相手を笑わせるのはいいが、引きつった笑顔になってしまっているのだ。

その撮影がとても嫌でその思い出があるから卒業アルバムは一度もと開くことはなかった。
きっとその撮影が楽しくてアトラクションとして楽しめたらその思い出に紐づいて見直す事もあったかもしれない。
他人から見れば一枚の絵としての記録にすぎないが、撮られた人はその1枚に思い出が重なる。いつか見返した時にその思い出が楽しかった事として残り、楽しい思い出を思い出した時に写真を見返すようなものであってほしいと考えています。